新しい季節に。




IMG_3783[1]_convert_20160328104112

ひさしぶりにお買い物♪

さっそく、挽いていれてみました。
おいしかったですよ♪

『新しもの好き』な夫が、喜びそうかな?^^












もうひとつが、これ。

IMG_3784[1]_convert_20160328104131

春なのにハンドクリームです。
群馬の春は、驚くほど乾燥します。

先週、福岡から帰っていた息子も「すっごい乾燥だなあ」と驚いていました。
そりゃね、福岡は、反対に、びっくりするほど湿っていましたから。
さすが、「美人の県」ですねえ(^^)

さて、わたしも福岡美人に負けないように(?・笑)、がんばってクリーム塗らなくっちゃ♪

















ところで、昨日の日記に「夕食を作る気になれない…」なんて書きましたが、
ちゃんと作りましたよ♪

こちら、証拠写真(笑)

買い置きしてあった市販の「炊き込みご飯の素」、こういう時には便利。
IMG_4089[1]_convert_20160411205130

さんまも、おいしそうに焼けました♪
春なのに~、さんま。パルシステムの冷凍サンマは、季節関係なくおいしくいただけました。

盛り付けが、雑すぎる!(笑)
IMG_4090[1]_convert_20160411205203






IMG_4091[1]_convert_20160411205222

卵焼き。
先日、テレビで、芸能人が、一度にフライパンに流し込んで笑われていたけど、
わたしも、いっぺんにフライパンにジュ~っと入れちゃう。

安心してください。
「ママの卵焼き、おいしいよね。おいしいでしょ?」
と、ちゃんと洗脳していますから(笑)

こんなぶっつけ料理(盛り付けも!)で育てちゃった、うちの娘たち。
お行儀作法の厳しいお家には、お嫁に行けないね(^^ゞ













きのう、わたしは、午前中仕事だったのですが、
長女は午後から病院で、午前中は一人でお留守番。

お昼に家に帰ったら
「家じゅう、ピッカピカにしておいたよ♪」と、長女。

ほんとだ。
掃除した証拠が、残っていました。

廊下に、ぽつんと置かれた雑巾の入ったバケツ(笑)
IMG_4092[1]_convert_20160411210533

お疲れさま。ありがとね♪(^^)









そして、ちょっとご報告です。

いろいろありまして、職場に行けなくなって療養中だった長女。

一年ほど前からは、リワークといって、復職専門のデイケアに通っていたのですが、
おかげさまで、すっかり元気になりました。

どこから見ても「もう、復職できるでしょ~」ということで、
復職へ向けてのプログラムを進め始めたとたん、
ちょっと難しい感じになりました。

職場への話し合いや手続きなども、平気で行けるようにはなっていたのですが。
どうやら、「復職」となると、無理みたいです。

本人、さんざん考えて、お医者様とも何度も話し合って、
このたび、退職を決めました。

さんざんお世話になって、できれば元気に復職を果たしてご恩返しをしたかったようなのですが、
それは叶わず。

ついに、職場に退職の意思を伝えてまいりました(わたしも同行しました)

帰りには、いつものご近所の神社でお参り。
桜は、すっかり葉桜になっていましたが、緑のきれいな季節になりましたねえ(^^)





ここまで無事に元気に戻れたのは、本当にたくさんの皆様のおかげです。
感謝しています。


この先、まだ、どうなるのかわかりませんが、
長女にも、やっと、やっと、新しい季節が来たような感じです。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします







いつもありがとうございます☆彡
クリックで応援していただけると、励みになります。
よろしくおねがいいたします。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
Theme: 日記 | Genre: 日記

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/13 (Wed) 18:39 | # | | 編集
鍵コメAさん♪

ありがとうございます。

行けなくなった当初は街へ出ることさえ出来ない状態でした。
実は、職場は、この町の公的機関でした。小さな町ですので、逃げるようにやめてしまうわけにはいきませんでした。
とっても変な言い方ですが、恨みつらみもなく(笑)、後悔もなく、退職できたこと、
ここまで、心配しださって、そして待ってくださった職場の方々にも、感謝しています。

今になって、「娘がいけなくなったとき、怒鳴り込んだりしなくてよかった」「悪口を言わなくてよかった」と、わたしもホッとしています(笑)
ふふっ、冗談です。すみません(^^ゞ


二年という療養機関、わたしも、何度も心折れそうになりましたが、みなさんのおかげで、ここまで堪えることができました。
ありがとうございます。
言葉では、うまく言えませんが、本当に、心から感謝しています。
ありがとうございました<m(__)m>







2016/04/13 (Wed) 21:18 | ちどり #- | URL | 編集
わかります。

娘さん退職なさったのですね~。
きっと真面目な方なのでずっと復職のことも気になっていたことでしょう。

私も一年間休職をした後にやっぱり退職することを選択しました。
もっともこんなオバサンと娘さんを一緒にしたらいけないでしょうけど
気持ちはなんとなくわかります。

誰が見ても元気でも心にズンと重石みたいにトラウマのようになっているのかもしれませんね。
生きていくための選択はきっと沢山あるのです。
こうでなくちゃ・・なんて決まりなんてきっと自分が作ってるのかもしれません。

実は私も最近職場が変わりました。
お掃除のオバちゃんなのにオフィスの雰囲気が馴染めなくて
自分自身がトラウマになっていたことに気付きました。

・・・勝手に想像してのコメントでごめんなさい。

娘さんが自分らしく暮らして行ける道が見つかるよう
見知らぬ変なオバサンはお祈りしています。
焦らずに・・・・

2016/04/14 (Thu) 11:19 | ちいさい春 #- | URL | 編集
小さい春さん♪

ありがとうございます。

たぶん、小さい春さんのご想像どおりかと思います。
長女も、小さい春さんと同じように、本来は明るくて楽しい子だったはずなのに、
人生ってなにが起こるかわからないものですねえ^^;
でも、終わってしまえば、どんなことも思い出になってしまうのですね。
辛かったことさえも、「あんなこともあったねえ」と話せるようになれました。
きょう、退職願の提出に行ってきました。
みなさんにも「元気そうだね。よかった!」「すっきりした顔をしているね」と言っていただけたようで、ここまで時間をかけた甲斐があったのかなと、わたしもホッとしました。

小さい春さんにも、とてもお世話になりましたね。
まだまだ、愚痴ることもあるかもしれませんが、どうぞ、見捨てないで、たまにはお付き合いくださいね(^^ゞ

ありがとうございます(^^)

2016/04/14 (Thu) 17:57 | ちどり #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する