ランチ、ランチ、ランチだよ~。


毎日4人分。
なべやフライパンも大きいものを使うので、ちょっと大変ですねえ(^_^;)



まずはおととい。
ナスとひき肉のミートソース。
IMG_0565[1]_convert_20140319144356

おいしいけど、もっとさっぱりしたものも食べたいと言うので…




きのうのお昼はリベンジ!
トマトとツナのパスタ。

IMG_0569[1]_convert_20140319144452

4人でトマト缶2個。
そこに、ツナとお塩とオリーブオイルを加えて、煮込むこと15分。
他の調味料を入れたくなる気持ちをぐっとこらえて、さっぱり仕上げました。
これは、好評でした^^





そして、きょうは、おかかたっぷり卵のっけチャーハン。

IMG_0572[1]_convert_20140319144732

ホットプレートを使いました。
おかかは、ごそっとふたつかみ位、山盛りに入れます。
味付けは、薄めの醤油と塩コショウだけ。


IMG_0573[1]_convert_20140319144534
卵の黄身をちょっと割って、そこにお醤油を垂らして、ご飯と一緒にいただきました。
ホットプレートのチャーハンは、焼き飯のような食感で、とろりとした卵がよく合って、これも好評でした。










いつも、ありがとうございますm(__)m
二つのランキングに参加しています。ポチッとしていただくと励みになります。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

こんばんは

わぁー 美味しそうな ご飯が ずらずらっと 並んでる!
夕飯 まだなので お腹が グーグーです^^;

感情の起伏 
うちの主人も 激しかったですよ
どこで そのスイッチが 入るのか 
私には さっぱり わからないので 
こっちが パニック
私は 普通の器の人間なんで
それに ムカッと きたりしてました^^;
きっと お母さんには
気を張らないで 本当の自分を みせられるのでしょーね

2014/03/19 (Wed) 20:58 | kotone #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/03/19 (Wed) 21:46 | # | | 編集
kotoneさん♪

こんにちは

感情の起伏は、きっと本人にもどうにもならないことなのでしょうかねえ。
ゆうべは家族が揃ったあたりからだいぶ元気になったので、たぶん、夜は落ち着いて眠れたと思います。

ひとりで泣いているときもあるのですが、たぶん、かまってほしいのでしょうねえ、少し私を困らせるようなことを言ってきたりすることもあります。
「生まなきゃよかったと思っているでしょ」とかね。
そんなこと、一度だって思ったこと、ありませんわ(^_^;)
いちいち真に受けたり感情移入しすぎると、私までまいってしまいそうです。
お昼寝の後も、またグズグズと泣き出したのですが、付かず離れずの距離を置いて、少し放っておきました。

いっしょに悩んであげることも大事かもしれませんが、いっしょに背負いすぎてめげてしまっても困りますものねえ。
少し、気持ちを離そうと思っています。

ありがとうございます。

2014/03/20 (Thu) 11:16 | ちどり #- | URL | 編集
鍵コメさん

そうですね。
まずは安心させてあげることですねえ。
そのためにも、私は一緒に悩んで一緒にめげていてはダメですね!
きのうは、あまりにひどい状態が続いたので、わたしも、だいぶ混乱しました。

なにか私を困らせるようなことを言いだす。
「nonoちゃんのほうがかわいいんでしょ?」なんて感じで…。
それに対して、わたしは「そうじゃないよ…」と、丁寧にわかりやすい言葉を選んで一生懸命に答える。
でも、また、同じことを言ってくる…という様子をみて、どうやら答えを求めているんじゃないんだなあと言うこともわかりました。

「だいじょうぶ」と伝えて、肩をなでたり手を握ってあげることが大事なんですね。




挫折がなかったというわけでも優等生と言うわけでもないんですよ。
大学受験では、志望校の国立の受験日に42度の熱を出しちゃって、浪人させてほしいと頼まれ希望通りにさせました。けっきょく、浪人の秋ごろからですかねえ、不安で勉強が手につかなくなり、やっとの思いで、前年と同じ私大(滑り止め)だけ受けて「もう、ここでいい?」と聞くので
「いいよ、じゅうぶん!よく頑張った」と、国立は受験さえもしませんでした。
就職も、いっぱい落ちましたしねえ・苦笑

でも、長女には、「良い子でいてほしい」と言う重圧はかけていたような気がします。
お手伝いでも、なんでも、次女のほうが立ち回りが早いんですけどね。
長女が、一生懸命に「良い子」になろうとしているんだなあということは、ずっとわかっていました。
「まったく、不器用な子だなあ。かわいそうだなあ。でも、いい子だなあ」と、微笑ましいくらいの気持ちで見ていました。



「大きなものを失ってしまうんじゃないかという不安」
そうですねえ。やっぱり、頑張ってきた結果としてせっかくご縁のあった今の職場を…という不安はありました。
大企業というのではなく、地元の企業で毎年募集があるわけではないので、ちょうど募集があったことは幸運でした。
先日、本人も「いいなあ。彼女はこれからもずっとここで働くんだなあって羨ましく思っている夢を見た」なんて言っていましたけど。


うまく言えないんですけど、おっしゃるとおり、元気で笑顔で過ごせることが一番大事なことです。
ずっとずっと後になって振り返った時に、何か失ったわけじゃないんだなあということに気付いてくれることを願っています。


ありがとうございます。

2014/03/20 (Thu) 11:42 | ちどり #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する