庭のハーブとデコパージュ、そして読書日記。


IMG_7737 (2)
庭のハーブたち、あっという間にこんもり緑の葉っぱを増やしています。
パセリやキャットミントはキッチンに。










トイレにはフォックスリータイム。
IMG_7738 (2)
うまい具合に根が出てくれればいいなあ(^^)








さて、我が家。
福岡から戻ったあと、掃除ができていません。
掃除機ぐらいはかけているんですけどね。
なんだか疲れがとれなくて(苦笑)

そろそろミシンも再開したいのですが
その前に家のことかな。
整理整頓のついでに
収納の見直しもしなくちゃなあと思っています。










そして、ハンドメイドというほどのものではないのですが。
気になっていたデコパージュというものを試してみましたよ^^

中身が気に入って買った手帳なのですが
表紙のブルーが派手過ぎて、外して真っ白のまま使っていたのですが
IMG_7728.jpg



ダイソーで買った専用のデザインシートを張り付けてみました。
IMG_7729.jpg

これ、簡単でおもしろいですね(*^^*)














さて、二週間の福岡ではミシンもプールもお預けで
ふだんはなかなかとれない「読書の時間」を楽しむことができました。

疲れていても読めるような本を選びましたが
どの本も読みやすくおもしろかったです。
しかも、9冊とも「読後感さわやか」(笑)






まずは、よしもとばななの「引っこしはつらいよ」
エッセイです。








中田永一の「吉祥寺の朝日奈くん」は短編集でした。

私は、読書では、ちょっとした言い方など「細かいことが気になる」(右京さんか・笑)タイプなのですが、終盤「なるほど、そういう意味だったのね」と、どんでん返しがあっておもしろかったですよ。













三冊目と四冊目は原田マハ





ずっと恋愛小説作家だと思っていたので読まなかったのですが、長女に「おもしろいよ」と言われて読んでみました。
おもしろかったです。これは男の人が読んでもおもしろいんじゃないかなあ。












私たちの年代にはおなじみの
金八先生初代の生徒役をした小林聡美(マッチとかトシちゃんとかもいたよね、懐かしい・笑)






良い意味でしたたか(しなやか)で、
坦々と前を見て進むような生き方は強さを感じます。
素敵な女性ですね^^
この二冊は福岡泊中に読んだのですが
庭仕事で疲れていて読んでいるうちに眠ってしまい
どこまで読んだっけ?って感じの読み方だったのですが(笑)















そしていよいよ「勝手にベスト3」♪

これは、一番のお気に入りになりました。
椰月美智子の「しずかな日々」

おじいちゃんが、ガス火で炊いたというつやつやのお米、ポリポリと音が聞こえてきそうな人参やキュウリのぬか漬け、一個あればごはん一膳食べられちゃうほどしょっぱい梅干し。特別な言い回しはないのですが、なんともおいしそう!
ごはんのお話ではありませんが(笑)、細部にわたって瑞々しい物語です。
これは好きだなあ。








これもおもしろい、一押しです。
三浦しをんの「神去なあなあ日常」

大自然の中で生まれ生きているという当たり前のことを忘れて、小さな自分の周りしか見えなくなっていたことを思い出させてくれるような作品だと思います。
横浜で育った少年が、ひょんなことから(強い意志があったわけでもなく・笑)、林業を生業としている村で成長していく物語。
こんな説明ではわからないと思うのですが(笑)
興味のある方は、どうぞ読んでみてくださいね^^












そして、大好きな瀬尾まいこは
「僕らのご飯は明日で待ってる」
…って、どういう意味?って感じのタイトルですが(笑)
「しずかな日々」同様、情景が瑞々しく目の前に広がる表現力が気持ちいい。

人の強さって、自分の日常をしっかり生きることなんだなあと
彼女の作品を読んだ後は、必ずそう思います。
あくまでも自分、
人は人ね(^_-)-☆







さてと、今日あたりはいい加減に腰を上げて(笑)
がんばりましょうかね(^^)/





いつもありがとうございます☆彡
ブログ村のランキングに参加しています。
ポチっとしていただけますととっても励みになります^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ
にほんブログ村


人気ブログランキングにも参加中。
応援ポチしていただけると嬉しいです(*^^*)


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する