お赤飯と冷蔵庫、そして炬燵。


IMG_5179[1]_convert_20170119133935
お赤飯。
「なにかお祝い事?」と聞かれたけど、
いえいえ、在庫整理です(笑)

棚から出てきた長ひじきと、もち米とササゲ。そして大量の胡麻(笑)
せっせと使わなくっちゃ。


始めて作った「塩から揚げ」
IMG_5180[1]_convert_20170119134002
焦げちゃったけど、さっぱりしていておいしかったです。
鶏ももに、塩・中華スープの素(粉末)を絡めて、片栗粉をまぶしてあげたもの。
下味をつけてすぐに揚げられるので、時間のないときにはいいかも。







IMG_5181[1]_convert_20170119134025
お赤飯。
城戸崎愛先生のレシピを見つけました。
→http://www.orangepage.net/recipes/detail_104363


いつもは、最初の煮汁を捨てて二度目の煮汁で作っていましたが、
こちらのレシピは、一度目の煮汁を使って二度目の煮汁を捨てるんです。
きれいな赤いお赤飯ができました(^^)









城戸崎愛先生の料理本で、私の料理の8割はできているんじゃないかなあ^^
IMG_5190[1]_convert_20170119134159

こんなぼろぼろになってしまったけど、いまでも、参考にしています。
IMG_5191[1]_convert_20170119134217












さて、昨日は、冷蔵庫。
冷蔵室の部分だけですが。

冷蔵庫はたまに掃除をするので、さすがに余計な在庫は入っていないと思っていたのですが、
IMG_5184[1]_convert_20170119134054




出てきました。
粉チーズが三本も!
IMG_5187[1]_convert_20170119134117
せっせと使わなくっちゃ(笑)


それにしても、自分ではそんなにだらしのないほうじゃないと思っていたのですが、
どうして、こういうことをしちゃうんだろうなあと、少しだけ自己嫌悪。

まあ、いいや。
気持ちを入れ替えて(笑)








あまりの寒さに、ことしは炬燵を出しました。
IMG_5189[1]_convert_20170119134139

もともとの性分は武将なので、
いえ、無精なので(笑)
炬燵だしたら、動けなくなりそうです。



とりあえずは、私と同じく無精な娘たちと、
「夜は、ご飯食べてお風呂に入って髪を乾かすまでは炬燵に入るのはやめよう」と決めて、
終わった人から順番に炬燵に入っています(笑)

あったかいですねえ(*^^*)











いつもありがとうございます☆彡
クリックで応援していただけると、励みになります。
よろしくおねがいいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

こんばんは!

ウチでは炬燵の事をブラックホールと呼んでます・・・。(笑)
もう、みんな吸い込まれたように動かなくなります。毎朝マイナス温度なんだもの!

城戸崎愛先生って、もうだいぶお婆ちゃんですよね?上品なお婆ちゃん!
あんな風になりたいなぁ(無理だけど)
ちなみに私は小林カツ子先生の本、ボロボロだけど使ってます。もう、25年使ってるんですよ~(笑)

2017/01/19 (Thu) 22:12 | ミー太郎 #- | URL | 編集
ミー太郎さん♪

おはようございます。
寒いですよねえ。
炬燵、あったかいですねえ^^
幸せです。
ブラックホール?
ふふっ、たしかに、引き込まれます(笑)


城戸崎先生。
私は、テレビではお見かけしたことがないんです(^^ゞ
味付けは関東人の我が家にとっては、ちょうどよくてね、
基本はすべてこの本から教わった気がします。

小林カツ代さん。
お亡くなりになったときは悲しかったですねえ。
昭和のおいしいものすべてが詰まったようなレシピでしたよね^^
カツ代さんは、あの斜め掛けのようなエプロン姿と快活なおしゃべり!
ちょっとハイカラで合理的で子供が好きそうなお料理の数々は、私たち世代の救世主のような先生でしたよね。
私も、大好きでした~!



2017/01/20 (Fri) 09:44 | ちどり #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する