紫帆布のトートバッグ

厚手の帆布で、ちょっとしたお出かけにちょうどよい大きさのまあるいトートバッグを作りました。

CIMG7982_convert_20130829142901.jpg

CIMG7983_convert_20130829142915.jpg


地味かなあ~~とも思ったのですが、
使っているうちに愛着がわくようなきがします(^^)







夏の大きな行事・小さな行事も、次々に終わってしまい、きょうからnonoは新学期です。

本人たちは、今のこと、未来のこと…(進路のこと、新学期のテストのこと?)で頭はいっぱいのようですけどね。

親は、こうしてどんどんと思い出になっていくことに、胸がきゅんとなります。
今のことさえも、すぐに過去になってしまうと思うと、切なくなってしまい、
なんとも、面倒くさいお年頃です・苦笑


記憶。

子供たちが小さかった頃、お昼寝をしている子供の頭に鼻を押し付け、クンクンと匂いを嗅いで
「この匂い、絶対に忘れたくない」と思ったことも、
その寝顔を、目に焼き付けたいと思ったことも、覚えているのに、
その匂いも寝顔も、ぼんやりすぎるぐらいにしか覚えていません。

五感の記憶って、難しいものですね。



子供たちは、高校生活の記憶は、どのくらい残るのしょう。
まあ、思い出に浸って懐かしむのは、きっと、まだまだ先のことなのでしょうね。




私も、もうちょっとだけでも、先を見て生きていかなくちゃね(^^)








いつも、ありがとうございますm(__)m
二つのランキングに参加しています。ポチッとしていただくと励みになります^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村  

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト